宮崎駿の引退宣言回数は何回?引退の理由とファンの反応も!

People
スポンサーリンク

世界で一番有名な日本のアニメーターであり映画監督・漫画家の宮崎駿監督。
宮崎駿監督が恒例の引退を撤回し、「君たちはどう生きるか」を制作すると発表したのは2017年の秋。

それから5年もの月日が流れ、ついに公開まで半年ほどとなりました。
来年、2023年の7月14日に公開予定です。

それにしても宮崎駿監督は、なぜ何度も引退宣言したり、撤回したりするのでしょうか
今までの宮崎駿監督の引退宣言数は7回、そして引退撤回数も7回です。笑

今回はその理由についてと、ファン達の反応などをご紹介したいと思います。

 

・宮崎駿の引退宣言回数は何回?
・宮崎駿引退の理由とファンの反応も!

 

 

スポンサーリンク

宮崎駿の引退宣言回数は何回?

冒頭にも書いた通り、宮崎駿監督の引退宣言数は7回、そして引退撤回数も7回ということで、今まさに2023年夏の映画公開に向けて、お仕事されている真っ最中です。

では、その過去7回の引退宣言がどんなものだったのかまとめてみましたので、見てみましょう。

 

 

これを見ると2008年の『崖の上のポニョ』を生み出した後は、「体力的にも今回が最後の長編になるだろう」とおっしゃっていたのに、今回また長編に挑戦されているのですね!

来年の1月のお誕生日には82歳になられるので、確かに体力的には限界なのかもしれません。
今までのは”引退するする詐欺”と言われても仕方ないですが、さすがにもし、今度も発言なされたら、本当になる確率は高いでしょうね。

 

宮崎駿監督の最新作である『君たちはどう生きるか』は宮崎駿監督自身が少年の頃に読んで感動した吉野源三郎の小説『きみたちはどう生きるか』のタイトルだけを借り、宮崎駿監督が新たに創ったオリジナルストーリーとなっています。

同じなのはタイトルだけで、そこからオリジナルのイメージを湧かせて、全く別のものを創り上げたため、原作・脚本も「宮崎駿」としています。

来年、2023年の7月14日に公開予定です。

 

 




宮崎駿引退の理由とファンの反応も!

今までの引退宣言の言葉を見ていると、毎回毎回、その作品に心血注いでいるので、作り終わった直後は多分もう抜け殻のようになるのでしょうね。

最初の引退宣言、『天空の城ラピュタ』の時の「人生で最高に引退したい気分」というのは、もうこれ以上何も作らなくても良い程の、最高の素晴らしいものが出来たという自負によるものでしょう。

しかし、しばらくたって、良い作品や良いインスピレーションが湧くと、取り掛かかってしまうのでしょうね。

紅の豚』の時は「もうアニメはおしまい」とおっしゃっていて、アニメーションの動画の作成の過酷なまでのち密な手作業を彷彿とさせます。

 

御年を考えると、普通の会社員は定年終えて、更に10年延長してから定年を迎える年をゆうに超えて、アニメを作る総指揮をされてるかと思うと、確かに体力の限界云々と言われると納得してしまいますよね…。

 

 

 

ファンはもう詐欺扱いし、しかもそれを受け入れ、楽しんでいますね。

 

 

前作から10年も経っていることにも驚きですね。
そしてその間も案を温めては少しづつ、少しづつコツコツと作られて来たんでしょうね。

 

 

 

引退せずに、未だに一切の妥協をせずに、自分のやりたい事を全部表に出す。
そんな宮崎駿監督の生き方が好きというファンは多いですね!

 

 

 

中には、何度も引退宣言するのダサいという意見もありましたし、詐欺だから辞めてというのもありました。

人それぞれの受け取り方ですよね。

 

 

きっと、そうですね。笑

 

 

 




まとめ

今回は、宮崎駿監督の最新作『君たちはどう生きるか』の公開が決まったのを機に、「宮崎駿の引退宣言回数は何回?引退の理由とファンの反応も!」と題して、今までの引退宣言の言葉と意味、またファンの反応もお伝えして見ましたが、いかがだったでしょうか。

毎回のように引退すると宣言しておいて、暫くするとまた次の作品に没頭されているのは、アニメの魅力に取りつかれている方だからなのでしょうね。

本当に毎回、もう辞めようと思われているのだと思います。
それだけに毎回その作品が、過去最高と思うものを世に出し続けていますしね。

今回は10年振りとなる長編アニメで、オリジナル作品。
劇場で是非見なくては!ですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました