TWICEの新曲は『Celebrate』!クラッカーダンスとシーン考察!

TWICE
スポンサーリンク

2022年7月12日に電撃的に、メンバー全員で再契約したことを発表したTWICE。

K-POP界では「魔の7年目」という節目にいて、いつ公式発表があるか、また再契約なのかそれとも解散なのか、ONCEだけでなくたくさんのファンや聴衆も気にはなっていたところ、9人全員での再契約ということで、お祝いムード全開ですね!!

7月27日に発売の日本語の新曲『Celebrate』は、まさにTWICE&ONCEのお祝い気分を盛り上げる曲となっています。

先行配信の動画を見ると、メンバー達の明るく溌剌(はつらつ)とした雰囲気・ダンス・歌声、どれをとっても喜びが溢れていて、見ていて気分が上がりますね!

今回はそんな新曲『Celebrate』について、どんな曲なのか、また注目ポイントのクラッカーダンス、そしてミュージックビデオに隠れている、数々の思い出のシーンを彷彿(ほうふつ)とさせる遊び心についてもお伝えします。

 

・TWICEの新曲は『Celebrate』!
・TWICEの『Celebrate』クラッカーダンスとシーン考察!

 

スポンサーリンク

TWICEの新曲は『Celebrate』!

日本で発売されているアルバムは、現在3枚。

1stアルバムは、2018年9月12日発売の『BDZ』。
2ndアルバムは、2019年11月20日発売の『&TWICE』。
3rdアルバムは、2021年7月28日発売の『Perfect World』。

そして2022年7月27日発売予定の4thアルバム『Celebrate』
タイトル曲の「Celebrate」は先行配信され、ミュージックビデオも解禁されています。
(その他の曲も一部teaserで紹介されています。)

既に1位発進で、素晴らしいロケットスタートですね!
ナヨンオンニの初のソロ曲「POP!」もいまだベスト10をKEEPと絶好調です。

 

 

日本4thアルバム『Celebrate』のトラックリストは以下のようになっています。

01.Celebrate         作詞 JY.Park とTWICE
02.Voices of Delight
03.TICK TOCK        作詞 ダヒョン
04.Flow like waves
05.That’s all I’m saying    作詞 ダヒョン
06.Bitter Sweet
07.Sandcastle
08.Just be yourself

 

TWICE 8th mini album 『Feel Special』と、日本ベスト3rdアルバム『#TWICE3』に収められている「21:29」に続く、TWICEのメンバー全員の詞作参加曲

ちなみに、よく質問される「21:29」という曲の読み方はそのまま「にーいちにーきゅう」で、「TWICEとONCE、TWICEは9人」との意味が込められている、TWICEのメンバーからファンに向けられた曲です。

更に今回のアルバムではダヒョンが「TICK TOCK」と「That’s all I’m saying」の2曲についても作詞しています。
賢いダヒョンは、コンサートの時にも一番日本語を上手く操っていて、文才がありますよね。

ONCEからの光でTWICEは光り輝くことが出来る、いつも一緒にいて気づけばもう家族みたい。こんな距離感も素敵と言ってくれるTWICE。

メンバー達の、日本5周年記念を祝うだけでなく、ONCEへの感謝の気持ちと、これからも変わらずずっと一緒だよという気持ちが込められている新曲になっています。(泣)

「Celebrate」のミュージックビデオで見せるメンバー達の、まるで夢見るような顔。
きっと、輝く未来を想像しているのでしょう。。

 

 

 




TWICEの『Celebrate』クラッカーダンスとシーン考察!

今回は日本デビュー5周年と再契約祝いと、おめでたく感慨深いMV(ミュージックビデオ)となっていて、サビの「レッツ、セ、セ、セレブレイト」の部分は左手でクラッカー持って、右手で紐を引っ張って鳴らすような踊り=”クラッカーダンス”がポイントとなっています。

とても簡単ですので、今後テレビで歌っていたら一緒にサビの部分だけ真似して、お祝いしながら歌うのもアリですね!

 

また、今までの曲や”TTT”こと、「Time to Twice」へのオマージュとなっており、ふんだんに懐かしい小物や振り付けが出て来るので、今までの歴史を総まとめで見ているような気分にもなります。

 

チェヨンちゃんが冒頭で導入部分を歌う姿は「The feels」を思い浮かべますし、その右上では「ドーナツ」に「ブルドーザー」、ひまわりは「Better」のサナのシーンを思い出させます。

日本のベストアルバムのタイトルについている「(ハッシュタグ)」マークはあちこちに点在していますし、ラケット(One more time)やキャンディー(CANDY POP)、ラブリー(BDZ)があったり。

振り付けの中にも、「One more time」の親指を唇に持ってくるポーズや、「Likey」の右腰の所に両手でハート×2と指すポーズや、「ブルドーザー」の時のように横にぴょんぴょん跳ねるしぐさ、「ファンファーレ」のように顔にペイントしたり、みんなでフリーで踊るところは「アルコールフリー」や「Dance the night away」を彷彿とさせます。

そして、「Time to Twice」で、ミチェンこと、ミナとチェヨンの2人が夜の学校に懐中電灯で入っていく姿を思い出す、このシーン。

本当に、一度にたくさん思い出し過ぎて、これが”走馬灯”というものなのでは?と思ってしまいました。(笑)

 

 

他にもまだまだたくさんありますので、是非MVを見ながら探して楽しんで下さいね!!

 

TWICE 「Celebrate」 Music Video

 

デジャブのようにたくさんの思い出が埋め込まれたMV、どうでしたか?
まさに、この5年間の集大成といった感じでしたね。

 

また、このMVの中に、次のソロデビューについて示唆があるという噂が出ていますね。

丁度2:00あたりから始まるミナがセンターの部分ですが、他のメンバーが一斉にミナを指さしているので、次回のソロデビューはミナではないかと噂されています

ナヨンのソロデビューが決まって発表となった時にナヨンからマイクを渡されていたので、その時も次はミナ?と言われていました。

ネタバレ大好きなTWICEなので、こんなに大々的にミュージックビデオの中でやるなんて、有り得ることなので、本当にそうなのかもしれません。
それにしても、もしそうなら大胆!(笑)

 

 




まとめ

7月27日に発売予定の、日本の4thアルバム『Celebrate』について、「TWICEの新曲は『Celebrate』!クラッカーダンスとシーン考察!」と題して、ご紹介しました。

MV(ミュージックビデオ)をご覧になってみていかがでしたか?
今までのTWICEの歩みをご存知の方なら、懐かしく感慨深いものだったと思います。

本国韓国では、11stミニアルバム『BETWEEN 1&2』で、8月26日にカムバックも予定されています。

また今回の再契約で、全員のソロ活動が可能となり、既にミナはSK-Ⅱのアンバサダーとなって、日本へ来てその広告活動を始めて、その肌の美しさと脚線美で話題になっています。

今後はメンバー全員でもソロでも、更に日本へ来て活躍してくれる機会が増えそうで、楽しみですね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました